千利休 「天下一」の茶人

宮帯出版社

通常価格 ¥4,290

税込

著者: 田中仙堂
出版社: 宮帯出版社
出版: 2019年

概要:
織田信長・豊臣秀吉に仕え、茶道の大成者として有名な千利休だが、歴史的史料に基づいた研究は、思いのほか少ない。 本書では、利休が生きた時代の史料から信頼できるものを厳選し、利休が参加した茶会から心境を推し量るなど、鋭い洞察力で史料を読み解き、「歴史上の利休」の実像を浮き彫りにしていく。 利休研究の成果としては最新の考察であり、今後の研究に大きな影響を与える一冊。 付録として「千利休 年譜」「千利休 茶会一覧」を掲載。

目次:
序 章 利休の生涯と戦国時代の終焉
第1章 信長上洛以前の利休
第2章 信長上洛以降の利休
第3章 信長茶会と利休
第4章 信長の茶道具利用と利休
第5章 信長没後の秀吉と利休
第6章 関白・秀吉と利休
第7章 刀狩以降の秀吉と利休
終 章 利休の死とわび茶の成立
付 論 信長・秀吉研究と利休研究