茶の美と生きる

黒文出版

通常価格 $19.00

税込

著 者: 田中仙翁
出版社: 里文出版
出 版: 2013年

概要:
仙翁前会長が、これまでに執筆された珠玉の巻頭言や論考の中から、皆さまにお伝えしたい文章を選りすぐりました。                         

目次:
茶の湯の世界
・茶の湯とは
・即興劇としての茶の湯

茶の美はどこにあるか 眼と手のはたらき
・黄金分割と日本の比率
・利休客の次第

歳時に息づくお茶
・大名が描いた門松の絵
・終戦直後の手紙

教える、学ぶ
・書物の活用
・心を耕す時間

茶の道とともに
・茶を伝えよ
・茶の道を求める
・ある茶席との再会

祖父を想う
・玄人の稽古
・どれだけ正しく学んだか
・知足と貪欲

くらしの中のお茶
・永遠の出発
・敗戦の夏
・用と美の追求

茶の湯の歴史と点前の心入れ
・一期一会の参会
・侘数奇の覚悟